水の流れはチラチラと姿を変えて音をたてますが
水の中にうつる自分の姿も
またチラチラと姿をかえることになるようでした。
はては遠くに鳥の声がきこえますが
その音で水がまた軽くうねるのを見るは
私もまた水のような存在かと思うのです。